住楽提案セイコー木材
お問合せ
分譲情報
売地・売家
注文住宅
スーパーモノコック工法
契約までの流れ
住まいの保障
オリジナル家具
コラムとQ&A
会社案内
リンク集

モットーは「良い仕事」による
価値の創造と社会貢献

◎お住まいは貴方の大切な財産です
   
<定年後を豊かに>
◎快適と団らんのある、楽しい我が家
   
<家族や友人と集う>
◎高齢者の安心安全のお住まい
   
<バリアフリー対策リフォーム>
◎世代交代と上手なお住まい
   
<子育てを楽しむリフォーム>
◎環境と省エネの実現のために
   
<エコライフリフォーム>
◎中古住宅のトータルリフォーム




皆様のニーズにお応えをし、
納得とご満足を戴くために
「まごころ」をもってベストを尽くします



エコリフォーム

エコなリフォームでポイントがもらえる!!

エコリフォームとは?

「エコリフォーム」とは、エアコンなどの冷暖房の消費エネルギーを減らすために行うリフォームの事です。
太陽光発電を利用したり、断熱材や省エネ資材を利用してリフォームすることにより二酸化炭素の排出量を減らす環境にやさしいリフォームです。
「エコリフォーム」により、冷暖房などの光熱費も削減することができ、家計にも優しいリフォームとも言えるでしょう。
対象となる工事にはポイントが発行されます。詳しく説明していきましょう。

対象となる工事

  1. @窓の断熱改修
  2. A外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
  3. B設備エコ改修(3種類以上設置する工事)

のいずれかの工事が必須になります。@〜Bの必須の工事に

  1. Cその他の工事(バリアフリー改修、エコ住宅設備、リフォーム瑕疵保険への加入、耐震改修工事)
  2. D既存住宅購入を伴うリフォーム

などを組み合わせることにより、ポイントが加算されます。

 

@窓の断熱改修について

改修後の窓が平成25年基準※1もしくは平成11年基準※2に規定する断熱性能等に適合するよう行う次のいずれかに該当する断熱改修が対象となります。

  1. ※1 住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する設計、施工及び維持保全の指針
    (平成25 年国土交通省告示第907号)
  2. ※2 住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する設計、施工及び維持保全の指針
    (平成18 年国土交通省告示第378号)
  3. ※省エネ住宅ポイント制度の事務局に登録された型番の商品を使用した工事のみが対象となります。
  • 内窓設置
  • 外窓交換
  • ガラスの交換
発行ポイント数
窓の
断熱改修
内窓設置
外窓交換

(2.8u以上)

(1.6u以上2.8u未満)

(0.2u以上1.6u未満)
20,000ポイント 14,000ポイント 8,000ポイント
ガラス交換
(1.4u以上)

(0.8u以上1.4u未満)

(0.1u以上0.8u未満)
8,000ポイント 5,000ポイント 3,000ポイント
 

A外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

改修後の外壁、屋根・天井又は床の部位ごとに、一定の使用量以上の断熱材を使用する断熱改修を対象となります。

※省エネ住宅ポイント制度の事務局に登録された型番の商品を使用した工事のみが対象となります。

発行ポイント数
 
外壁・屋根・天井・床の
断熱改修
外壁 屋根・天井
120,000ポイント
(60,000ポイント)※
36,000ポイント
(18,000ポイント)※
60,000ポイント
(30,000ポイント)※

※ 部分断熱の場合の発行ポイント数。

 

B設備エコ改修(3種類以上設置する工事)

「窓の断熱改修」又は「外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」を行わない場合
→エコ住宅設備の内、3種類以上を設置する工事が対象となります。
「窓の断熱改修」又は「外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」を行う場合
→エコ住宅設備3種類未満でも対象となります。

太陽熱利用システム

強制循環式のもので、JIS A4112 に規定する「太陽集熱器」の性能と同等以上の性能を有することが確認できるものが対象となります。
(蓄熱槽がある場合は、JIS A4113 に規定する太陽蓄熱槽と同等以上の性能を有することが確認できること。)

※省エネ住宅ポイント制度の事務所に登録された型番の商品を使用した工事のみが対象となります。

発行ポイント数

設置台数に関わらず1戸あたり24,000ポイントとなります。

節水型トイレ

JIS A5207:2011 に規定する「タンク式節水U形大便器」または「洗浄弁式節水U型大便器」、もしくは、JIS A5207:2014 に規定する「タンク式節水U形大便器」または「専用洗浄弁式節水U型大便器」と同等以上の性能を有するものが対象となります。

※省エネ住宅ポイント制度の事務所に登録された型番の商品を使用した工事のみが対象となります。

発行ポイント数

設置台数に関わらず1戸あたり24,000ポイントとなります。

高断熱浴槽

JIS A5532 に規定する「高断熱浴槽」と同等以上の性能を有するものが対象となります。

※省エネ住宅ポイント制度の事務所に登録された型番の商品を使用した工事のみが対象となります。

発行ポイント数

設置台数に関わらず1戸あたり24,000ポイントとなります。

高効率給湯機
電気ヒートポンプ給湯機
(エコキュート)
JIS C9220に基づく年間給湯保温効率、又は年間給湯効率が3.0以上(ただし寒冷地仕様は2.7以上)であること。
潜熱回収型ガス給湯機
(エコジョーズ)
給湯部熱効率が94%以上であること。
潜熱回収型石油給湯機
(エコフィール)
連続給湯効率が94%以上であること。
ガスエンジン給湯機
(エコウィル)
JIS B8122に基づく発電及び排熱利用の総合効率が、低位発熱量基準(LHV基準)で80%以上であること。
ヒートポンプ・ガス瞬間式
併用型給湯機
(ハイブリッド給湯機)
熱源設備は電気式ヒートポンプと潜熱回収型ガス機器と併用するシステムで、貯湯タンクを持つものであり、電気ヒートポンプの効率が中間期(電気ヒートポンプのJIS基準に定める中間期)のCOPが4.7以上かつ、ガス機器の給湯部熱効率が94%以上であること。

※省エネ住宅ポイント制度の事務所に登録された型番の商品を使用した工事のみが対象となります。

発行ポイント数

設置台数に関わらず1戸あたり24,000ポイントとなります。

節湯水栓

次の@ABのいずれかの基準を満たすものであること。

  1. @台所水栓において「手元止水機能(節湯 A1※2)」又は「水優先吐水機能(節湯C1※2)」を有すること。
  2. A洗面水栓において「水優先吐水機能(節湯 C1※2)」を有すること。
  3. B浴室シャワー水栓において「手元止水機能(節湯A1※2)」又は「小流量吐水機能(節湯 B1※2)」を有すること。ただし、シャワーヘッドのみの交換は除く。
  1. ※1 「住宅・建築物の省エネルギー基準及び低炭素建築物の認定基準に関する技術情報」
    (独立行政法人建築研究所、協力:国土交通省国土技術政策総合研究所)に定義される節湯水栓を示す。
  2. ※2 一般社団法人日本バルブ工業会が定める節湯水栓の種類を示す。
  3. ※省エネ住宅ポイント制度の事務所に登録された型番の商品を使用した工事のみが対象となります。
発行ポイント数

設置台数に関わらず1戸あたり3,000ポイントとなります。

Cその他の工事

バリアフリー改修(手すり設置、段差解消、廊下幅等拡張)

「窓の断熱改修」、「外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」、「設備エコ改修(3種類以上)」のいずれかと併せて実施する場合に対象となります。

対象となるバリアフリー改修工事は、以下の工事とし、原則、バリアフリー改修促進税制の工事内容に準じます。

手すりの設置

概要※1
便所、浴室、脱衣室その他の居室及び玄関並びにこれらを結ぶ経路に手すりを取り付ける工事
詳細※2
手すりを転倒予防若しくは移動又は移乗動作に資することを目的として取り付けるものをいい、取付けに当たって工事(ネジ等で取り付ける簡易なものを含む。)を伴わない手すりの取付けは含まれない。
  1. ※1 平成19年 国土交通省告示第407号より抜粋
  2. ※2 平成25年10月1日 国住政第83号、国住生402号、国住指第2293号より抜粋
発行ポイント数

施工内容に応じて、箇所数にかかわらず、以下のポイント数を発行します。ただし、バリアフリー改修の1戸当たりのポイント数は、手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡張のポイント数を合計して60,000 ポイントを限度とします。

浴室の手すり設置 6,000ポイント
便所の手すり設置 6,000ポイント
洗面所の手すり設置 6,000ポイント
浴室・便所・洗面所以外の居室の手すり設置 6,000ポイント
廊下・階段の手すり設置 6,000ポイント

段差解消

概要※1
便所、浴室、脱衣室その他の居室及び玄関並びにこれらを結ぶ経路の床の段差を解消する工事(勝手口その他屋外に面する開口の出入口及び上がりかまち並びに浴室の出入口にあっては、段差を小さくする工事を含む。)
詳細※2
敷居を低くしたり、廊下のかさ上げや固定式スロープの設置等を行う工事をいい、取付けに当たって工事を伴わない段差解消板、スロープ等の設置は含まれない。
  1. ※1 平成19年 国土交通省告示第407号より抜粋
  2. ※2 平成25年10月1日 国住政第83号、国住生402号、国住指第2293号より抜粋
発行ポイント数

施工内容に応じて、箇所数にかかわらず、以下のポイント数を発行します。ただし、バリアフリー改修の1戸当たりのポイント数は、手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡張のポイント数を合計して60,000 ポイントを限度とします。

屋外に面する出入口(玄関・勝手口等)の段差解消工事 6,000ポイント
浴室の段差解消工事 6,000ポイント
屋内(浴室を除く)の段差解消工事 6,000ポイント

廊下幅等の拡張

概要※1
介助用の車いすで容易に移動するために通路又は出入口の幅を拡張する工事
詳細※2
通路又は出入口(以下「通路等」という。)の幅を拡張する工事であって、工事後の通路等(当該工事が行われたものに限る。)の幅が、おおむね 750mm 以上(浴室の出入口にあってはおおむね600mm以上)であるものをいい、具体的には、壁、柱、ドア、床材等の撤去や取替え等の工事が想定される。
  1. ※1 平成 19 年 国土交通省告示第 407 号より抜粋
  2. ※2 平成 25 年 10 月 1 日 国住政第 83 号、国住生 402 号、国住指第 2293 号より抜粋
発行ポイント数

施工内容に応じて、箇所数にかかわらず、以下のポイント数を発行します。ただし、バリアフリー改修の1戸当たりのポイント数は、手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡張のポイント数を合計して60,000 ポイントを限度とします。

通路の幅を拡張する工事 30,000ポイント
出入口の幅を拡張する工事 30,000ポイント
エコ住宅設備の設置

2種類以下の場合、「窓の断熱改修」、「外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」のいずれかと併せて実施する場合に対象となります。

エコ住宅設備の内、2種類以下を設置する工事が対象となります。

耐震改修工事

「窓の断熱改修」、「外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」、「設備エコ改修(3種類以上)」のいずれかと併せて実施する場合に対象となります。

【耐震改修工事とは】
昭和56年5月31日以前に着工された住宅で現行の耐震基準に適合していないものについて、現行の耐震基準に適合させる工事のことを言います。

ご注意
耐震改修に関する各地方公共団体が交付する補助金等との併用は可能な場合があります。ただし、当該住宅の耐震改修に要した額から、他の補助金等で交付を受ける額を引いた額が150,000円未満の場合、耐震改修の申請はできません。なお、耐震改修を行ったことの証明書の発行には費用がかかりますので、ご注意ください。

発行ポイント数

対象となる耐震改修工事に対して、1戸当たり 150,000 ポイントを発行します。

リフォーム瑕疵保険への加入

「窓の断熱改修」、「外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」、「設備エコ改修(3種類以上)」のいずれかと併せて実施する場合に対象となります。

リフォーム瑕疵保険の概要
リフォーム瑕疵保険とは、リフォーム時の検査と保証がセットになった保険制度です。建築士の資格を持った保険法人の検査員がリフォーム工事の現場検査を行います。万が一、欠陥が見つかった場合には補修費用が保険金として支払われます。事業者の倒産などで補修できない場合には、消費者に直接保険金が支払われます。
リフォーム瑕疵保険に加入できる事業者
リフォーム瑕疵保険に加入できる事業者となるには、保険法人に登録する必要があります。
登録するためには、保険法人が設定する一定の基準をクリアしていなければなりません。
なお、登録された事業者は、住宅瑕疵担保責任保険協会のホームページで検索できます。
保険対象部分と保険期間
<補償対象部分>
構造耐力上主要な部分(柱・基礎など) 【保険期間:5年間】
雨水の浸入を防止する部分(屋根・外壁など) 【保険期間:5年間】
上記以外の部分(トイレ・浴槽など) 【保険期間:1年間】
加入方法
入手続きは事業者が行いますので、ご希望の場合は工事着手前に工事の依頼と併せて事業者に保険への加入を依頼する必要があります。保険料等については各保険法人によって異なりますので、詳細は各保険法人にお尋ねください。
発行ポイント数

対象となるリフォーム瑕疵保険に対して、1契約当たり 11,000 ポイントを発行します。

D既存住宅購入を伴うリフォーム

既存住宅の購入に伴い、エコリフォームを行う場合に加算されるポイントです。対象は平成26年12月27日以降に売買契約を締結し、売買契約締結日から、エコリフォームの工事請負契約締結日の期間が3か月以内の場合にポイントが発行されます。

発行ポイント数

既存住宅購入加算で発行されるポイント数は、他のエコリフォーム対象工事等※で発行されるポイント数の合計と同数のポイント数としますが、100,000 ポイントを上限とします。

対象期間

 

工事請負契約

 

平成26年12月27日以降

※建築着工前である場合、既存契約の変更契約を含みます。

 

工事の着手※

 

平成26年12月27日〜平成28年3月31日

※工事請負契約以降
※契約対象となる工事全体の着手

 

工事の完了

平成27年2月3日以降

ポイント発行申請について

ポイント発行申請は、工事完了(即時交換工事を含む)後の申請が基本ですが、リフォーム工事にかかる費用が税込1,000万円以上の場合は工事完了前に申請することが可能です。
タイプにより申請書類や申請方法が異なります。

  • 【申請書類タイプ】
  • 「戸別申請(ポイント発行申請)」
  • 「戸別申請(工事完了前ポイント発行申請)」
  • 「一括申請(ポイント発行申請)」
  • 「一括申請(工事完了前ポイント発行申請)」

交換可能なポイント

 

発行ポイントの上限

1戸あたり 300,000 ポイント

※耐震改修を行う場合は、1戸当たり 450,000 ポイントを限度とします。

 

ポイント交換

発行されたポイントは、以下のような商品等と交換可能になります。

  1. 省エネ・環境配慮に優れた商品
  2. 地域振興に資するもの(地域商品券、地域産品、復興支援)
  3. 全国で使える商品券・プリペイドカード(商品の提供事業者が環境寄附を行うなど、環境配慮型のもの)
  4. 環境寄附・復興寄附
 

申請方法・書類を確認する

ポイントの発行申請は平成27年3月10日より受付開始です。
省エネ住宅ポイントについての詳細は、省エネ住宅ポイント事務局のページをご覧下さい。

↑↑↑上へ↑↑↑



住まいのメンテナンス

お住まいは家族の大切な財産です。
お手入れをし、早めの修繕を行うことで、資産としての価値も高まります。


↑↑↑上へ↑↑↑


項  目 自分でできるお手入れ こんなときは

90u

屋根材
(彩色
セメント板)
季節ごと、また台風や地震の直後には点検を。
(屋根に上がると危険なので少し離れた場所から自分の目で確認しましょう)
  • 屋根に上がると危険です
    おかしいと思ったら
  • 雨漏りしていたら。
  • 屋根材は10年〜15年で再塗装が必要です
塗装(90u当たり)

30万円〜

雨どい 雨どいにゴミや落ち葉が入って、雨水がつまらないように点検を。
  • 雨どいから雨水があふれてる
  • といを留めている金具が外れてる
  • といが破れている
ひび割れや穴あきは機会を見て部品交換

2,500円/m〜

〜屋根・外壁・雨樋の工事は足場台(200,000から)が別途必要になります〜
外壁

150u

外装板
外壁の汚れの原因はほこり。
年一回は柔らかいブラシで水洗い
しましょう。
  • 白い粉が手や服につくようでしたら塗り替え時期です。
  • ひび割れが見えてきたら塗り替え時期です。
窯業系サイディング
150uあたり

55万円〜

目地 壁板と壁板をつなぐ、コーキングが切れていないか年一回程度点検しましょう。
  • コーキングが切れている・途切れている時
  • コーキングがはがれている時
打ち替え(20m未満)

1,500円/m〜

玄関ドア
ドアの表面の汚れは月1回掃除しましょう。
扉の閉まり速度、音、こすれ等は、3ヶ月に1階点検・調整しましょう。
  • ドアの開け閉めがしにくい時
  • 変な音がする時
  • 鍵の開け閉めがしにくい時
クローザー交換

1万5千円
/ヶ所

エコサッシ
雨  戸
シャッター
レールにたまった砂やホコリはサッシブラシなどで、かき出しながら月1回掃除機で吸い込む。
サッシ・雨戸の開閉と鍵のかかり具合は、3ヶ月に1回点検・調整し開閉が重くなったら、戸車にシリコンスプレーを塗布しましょう。
  • 防音・防温の為、ペアガラスに替えたい時
  • 古い雨戸を新しく替えたい時
  • サッシ・雨戸・シャッターの鍵がかかりにくい・かからない時
  • サッシがレールから外れて、はまらない時

二重サッシ(内窓)
(1650×2000mm)

8万円/ヶ所

(1650×1100mm)

4万3千円
/ヶ所
網戸 月に1回ハタキ等で軽くホコリをとった後、水又は洗剤を含ませたスポンジなどで両面からはさむように拭いてください。
  • 網に穴が開く、網がたるむときは張替え時です
  • 網戸の戸車の不具合で開け閉めがうまくできない。

張替え(掃出サイズ)

4,500円/枚〜

クロス はがれがあれば、クロス用のりを充填して、補修を行ってください。
  • クロスの褪せ
  • クロスのはがれ
  • クロスを明るい色に替えたい

クロスの張替え

1,350円/u〜

クロスの種類で金額が変わります

室内ドア 柔らかい布でカラ拭き
蝶番の緩み、ハンドルのがたつきの点検を行いましょう
フローリング 日常はカラ拭き
3〜6ヶ月ごとにワックスをかけましょう
  • フローリングの亀裂・われがある時
  • フローリングのたわみがある時

張替え
(既設床の上に)

6,800円/u〜

たたみ ダニ・カビ防止のため、通気を行いましょう
  • 畳が擦り切れているとき
  • 畳の色あせ
  • 畳のたわみ

表返し

4,000円/帖〜

表替え

7,000円/帖〜

ふすま ふすま紙の上についたホコリを、ハタキやブラシでこまめに落しましょう
  • 破れ方がひどいとき

張替え

3,800円/枚〜

障子 障子が未は湿気や温度調整を行いながら、空気の浄化作用の働きをしています
年に1度障子紙の張替えをしましょう
  • 障子の桟が割れたとき
  • 障子を張り替える時間が無い時

張替え

2,000円/枚〜

シロアリは湿気を好むので床下の通気を確保しましょう
  • シロアリは来る前に防ぐことが大事です。早めにご相談ください

防蟻処理
(5年ごとに実施)

15万円〜

ガスコンロ 使用の度に噴きこぼれや油の飛び散り等、器具が暖かいい打つにスポンジや柔らかい布などで拭き取りましょう
  • ガスコンロを取り替えたいとき
  • IHコンロに替えたいとき

ビルトインガスコンロ

8万円〜

ガス→IHヒーターへ交換

25万5千円〜

換気扇 汚れがあまりたまらないように、月1回は掃除しましょう
中性洗剤を溶かしたぬるま湯で付け置き洗い
  • 換気扇が回らない
  • 回している時に異音がする

レンジフード交換
(プロペラ式)

6万円〜

洗面台
排水トラップの掃除は週1回行いましょう
洗面ボールやカウンターはこまめに水気を拭き取り、汚れが目立ってきたら、浴室用中性洗剤でお手入れしましょう
鏡が傷まないように、曇りはこまめに拭きましょう
  • 鏡が割れたとき
  • 水漏れするとき

洗面化粧台交換
(L=750)

7万円〜

ユニットバス
使用後は換気・乾燥を十分行いましょう(換気運転は8時間位が目安です)
浴室用中性洗剤でお手入れしましょう
  • ユニットバスに取り替えたい時

在来浴室→ユニットバスへ交換

84万円〜

浴槽取替え

22万円〜

便器 トイレは早め早めのお手入れが大切です。汚れに気付いたらその場でお掃除しましょう。ストレーナーの掃除はこまめに行いましょう。(水量不足の原因になります)
  • 和式トイレから洋式トイレに替えたいとき
  • タンクからの水漏れ


便器交換(リモデルタイプ)

16万5千円〜

洗浄便器 お掃除は中性洗剤を使いましょう
  • ウォシュレットを付けたい

温水洗浄便座交換

7万円〜

混合水栓 金属メッキ部のサビ止め防止の為、カーワックスを塗りましょう(樹脂部は除く)
クレンザー・磨き粉等は使用しないでください
サーもタイプはパッキン固着防止のため、夏場でも月1回、最高温度設定で2分間お湯を出してください(その後湯温設定ハンドルを必ず元の位置に戻してください)

混合水栓(デッキタイプ)交換

3万2,500円〜

シャワー水栓交換

3万8,200円〜

本体 給水水抜き栓のストレーナーを月1回程度は取り出して付着したゴミを取り除いてください(必ず給水元栓を閉めてから行ってください)
追い焚き式給湯器の場合は、浴槽内の循環口キャップフィルター一部のゴミを取り除いてください(週1回程度)

ガス給湯器交換
(24号オートタイプ)

28万円〜

節約・安全・快適・エコ
  • オール電化に替えたいとき
  • ソーラーパネルを設置したいとき
  • エコキュート・電気温水器の設置

是非!ご相談ください



↑↑↑上へ↑↑↑



基礎・外構 あらた開発 電気 ナガタ電工
左官・外構 熊工務店
中村外柵店
内装 インテリアウエダ
エール
水道工事 達磨設備
(株)安倍水道設備
木製建具 (有)村本建具製作所
板金・樋 稲永板金 美装工事 (株)エコファイブ
アルミサッシ 三協テック西日本 塗装工事 (有)アソウ塗装
(株)アイズ
アルミサッシ 三丸建材 ふすま 東表具店
坂本窯業 たたみ 山田畳店