会長兼社長より

HOME > 会長兼社長より

ご挨拶

(株)セイコー木材 会長兼社長 光井 恒郎 写真
(株)セイコー木材 会長兼社長 光井 恒郎

二十一世紀は全ての人々のあらゆる面での安心と安全が基本コンセプトとして重要な課題であります。「住まい」は私たちの生活の拠点としてのお城であり、人生においての最も大切な財産の一つでもあります。この「住まい」が、長期に渡って安心と安全であるために、また、住まいが人々の安らぎや癒しの場として充分に機能することが必要であります。

「住まい」に対するお客様のニーズは、それぞれのライフスタイルの思いの中で個性化が進み繊細な要求がなされています。
これに応えるための技術改革は日進月歩で進化しています。
私はこの市場の現実を充分に認識した上で、お客様のご予算を最も有効に「住まい」造りの中で生かすための、適材適所な資材の使用や設備機器の提案、ムダ・ムリのないレイアウト等を実施することにより皆様のご要望を満たし、あくまでもご満足のいく家造りを目指して精進していく所存でございます。

お客様のご満足のために何をどうすればよいのかが基本です。
社員と供にこれを目標に研鑽・努力しています。

略歴

1930年山口県生まれ。
1953年日本大学農学部林学科卒業
1969年(有)セイコー木材設立
1991年(株)セイコー設立
2002年 著書『人は心―共生の会社学―』
2007年(株)セイコー木材に商号変更
2010年(株)セイコー木材と(株)セイコー合併
現在 株式会社セイコー木材 会長・社長
2012年8月 著書『生涯現役 ―人生に定年はない』有限会社せいうんより発行

光井恒郎著書『生涯現役』

特別寄稿『米寿を迎えて思う 〜生きることは学ぶこと〜』

 去る9月8日は私の誕生日でした。この日が人生の節目の一つである「米寿」を迎えました。そこで思うことは、「生きることは学ぶこと」だと改めて強く感じました。目標をもって良く生きる人生の目標です。私は「生涯現役、人生に定年はない」を目標に生きています。

 この中に良く生きるための課題と各論があります。今を生きる現実があります。そこで何を為すべきかという課題と各論が生まれます。これが人生での実学です。この実学をいかに学び生きる糧(かて)にするかが良く生きるためのエネルギー源です。「諺」(ことわざ)に「蒔かぬ種は生えぬ」とありますが、まさに行動と実践に対する教えの第一歩です。また「言うは易く行うは難し」という諺があります。これは口で言うだけなら、どんなことでも簡単だが実行となると口で言うほど簡単ではないという教えです。ここで大切な課題が気力、根性、勇気という強い精神と心です。

 良く生きる人生の生き方において四苦八苦があります。これが人生を生き抜く過程での当たり前です。この艱難辛苦を如何に乗り越えて行くのかが人間が成長するために避けられない試練です。

 私は去る9月8日の誕生日(88才)に思ったことは人生における誕生日とは常に生きるための成長元年だと気付きました。この日から改めて新しい人生が始まる、成長もまたここから再スタートすると考えています。

 人生での修行に限界はありません。「生きることは学ぶこと」から始まり、生涯現役の人生は生涯学ぶことが当たり前です。人生での真の喜びとは何か、それは無限の可能性を求めて生きる人生がある現実です。これが生きる喜びです。

 ここで今一つ大切な原則があります。即ち、人間は一人では生きていけないということです。人間同士の信頼です。素直、優しさ、思いやり、誠実、忠実等、人として嘘偽りのない実直な人でありたい。これが私の願いです。

 生きることは学ぶこと、とはまさに以上の様な人間力を身につけ人生で実践することだと思っています。

 21世紀の今、自然界と人間社会も激動激変の時代です。私たちは如何なる環境の中であってもこの時代を良く生き抜くことが人生での最も大切な意義即ち重要な価値です。「生きることは学ぶこと」を念頭において、困難なこの時代を良く生きていきましょう。ここで改めて皆さんが私の人生をサポートして戴いたことに対して心から感謝し、お礼申し上げます。

当社の事を少しでも知っていただければ幸いです。

当社では、毎月勉強会を行なっており、毎回1つのテーマに沿って会長が講義を行います。
ここでは、その講義内容をご紹介し、当社がどういう会社か少しでも知っていただければ幸いです。

令和2年3月26日 講義予定分

笑う門には福来たる「笑い」は最高の薬です
 人には持って生まれた天分、天性(生まれつきの性質、才能)があります。人生を良く生きるには、これ(天分、天性)に加えて、人の心に灯(ともしび)をともす明るい心が必須です。笑う門には福来たるという言葉がありますが「笑」は人の心に灯(ひ)をともす最も大きく大切なエネルギー源です。

 落語家の立川らく朝さんが「PHP」(月刊誌)の中で次の様なお話を書かれていました。立川らく朝さんは、以前はお医者さん(博士)です。

 46歳で落語家になられ61歳で真打に昇進された元内科医です。彼が研修医時代にお世話になられた看護師長に「病院スタッフに笑顔を」という頼みを受けられたお話が書いてありました。

 看護師長さんを始め病院スタッフはみんな分かっているんです。患者さんこそ笑いが必要だってことを。闘病のストレスを少しでも和らげ、前向きに生きる活力を生み出すのに笑いほど効果のあるものはない、ということが経験を通して身に染みているんです。

 笑顔は百薬の長といいますが、まさに笑いは最高の薬です。激変のこの時代を良く生き抜くには、苦しい時、つらい時程笑顔で乗り越えるが賢明な生き方です。

 アラン(フランス哲学者)は、幸せだから笑顔になるのではなく、笑顔になるから幸せなのだといっています。脳の奥に幸せホルモンと呼ばれるドーパミンがあります。

 常に前向きに明るい心をもって幸せホルモンを自ら呼び出し、笑う門には福来たるの人生を生き抜きましょう。

続きを見る

バックナンバー