会長兼社長より

HOME > 会長兼社長より > バックナンバー【2020年7月30日】

会長兼社長講義 バックナンバー【2020年7月30日】

当社では、毎月勉強会を行なっており、毎回1つのテーマに沿って会長が講義を行います。
ここでは、その講義内容をご紹介し、当社がどういう会社か少しでも知っていただければ幸いです。

令和2年7月30日

今日があるから明日がある だから「今」を大切に生きる!
 私は89年の人生を振り返ってみるに、よくぞまぁ生きて来たと自からに喜びを持ち、生きてきたことへの感謝の念止むことを知らずという思いで生きています。私の生涯については、しばしばお話をしておりますが自から墓穴を掘り人生の大道を失う生き方をしてきたことに対して深く反省をし又反面感謝の念を覚える、人の生き方に対して良き学びの場を得た事に深く感謝をしています。「今日があるから明日がある」は、まさに人生の大道を生きるための至言であります。人生は「今」を生きるが現実です。だから「今」をいかに大切に生きるかの中に「因果応報」という日常生活の中で起こる全ての生き方について仏教の教えを表わす言葉があります。「因果応報」とは何かについてお話を進めます。

 仏教用語。原因としての善い行いをすれば、善い結果が得られ、悪い行いは悪い結果をもたらすとする。善因善果、悪因悪果、三世因果など、と表現されるとあります。 (三世因果とは、過去、現在、未来のことです)これが人間の生きる人生の当たり前です。人間の生きる人生は全て「今」から始まります。即ちオギャーと産声をあげた時から人生が始まります。ここから始まる人生にあらゆる出会いがあります。この出会いが「今」です。人が生長するために必要な瞬間の始まりです。つまり人間は生長に伴い今があります。即ち幼い時から少年、青年、と成長を続けながら今の連続を生き抜くのが人生です。楽あれば苦ありという言葉があります。まさに現実に即応した言葉です。私が地獄落ちした若かりし頃の未熟さに驚嘆する思いです。しかし今思えば地獄落ちした苦しみの中で得た人生の試練を乗り越える中で得た人間の生き方について何が大切かを学ばせてもらいました。

 毎月やっている勉強会も

今日があるから明日がある

「だから」「今」を大切に生きる!


 というテーマにグリット、グリット、で共に健康第一をモットーとして「今」を大切にして生き抜きましょう。

続きを見る

バックナンバー