会長兼社長より

HOME > 会長兼社長より > バックナンバー【2019年7月25日】

会長兼社長講義 バックナンバー【2019年7月25日】

当社では、毎月勉強会を行なっており、毎回1つのテーマに沿って会長が講義を行います。
ここでは、その講義内容をご紹介し、当社がどういう会社か少しでも知っていただければ幸いです。

令和元年7月25日

人生は「今」の積み重ね「今」を良く生きる!
 21世紀のこの時代は、まさに激変の時代です。世界中での生存競争は益々激しさを増しています。その中で人生百年時代の到来は目前に迫っています。これが「今」の現実です。少子高齢化のこの時代を良く生き抜くために「今」をどう生きるのかが求められています。

  私は「生涯現役」をテーマに生きています。毎日毎日、その瞬間の中に良く生きる「カギ」があるのではないかと思っています。「今」の連続が人生です。「今」を良く生きるためには生き方の基本として誰にも負けない努力が必須です。稲盛和夫(京セラ会長)さんは、「六つの精進」として次のようなお話をされています。

 以上六つの精進は「今」を良く生きるための最も大切な「生き方」です。時代がいかに変化しても人間としての生き方の原理・原則は変わることはありません。時代劇の「水戸黄門」があります。その主題歌「ああ、人生に涙あり」という歌があります。歌詞の一番に

人生楽ありゃ苦もあるさ

涙の後には虹も出る

歩いてゆくんだ、しっかりと

自分の道をふみしめて

 とあります。まさに人生は、この歌詞の最後にある「自分の道を踏みしめて」の中に人生を生き抜く為の六つの精進があると思います。「人生は相身互い」です。互に切磋琢磨して「今」を良く生きていきましょう。

続きを見る

バックナンバー