会長兼社長より

HOME > 会長兼社長より > バックナンバー【2019年4月25日】

会長兼社長講義 バックナンバー【2019年4月25日】

当社では、毎月勉強会を行なっており、毎回1つのテーマに沿って会長が講義を行います。
ここでは、その講義内容をご紹介し、当社がどういう会社か少しでも知っていただければ幸いです。

平成31年4月25日

仲間は人生での宝です。コミュニケーションを大切に!
 私は88年の人生を通して、多くの人々と交わりながら生涯を生きています。人生は一人では成り立たない原則において、人と人との交わりをどうもつのかで人それぞれの人生の道が存在します。そこで大切なのが仲間です。先ず良き家族、良き隣人、良き友:良き仲間、全てこれらは人生での「宝」です。このお宝をどの様に自分の人生の中で活かして生きるのかで、人生の模様は変わってきます。  私たちの人生は、もの心ついてから成長の段階でそれぞれの仲間が出来ます。即ち幼年期、少年期、青年期これ等を含めて社会人としての人と人との交わりがあります。そこには、必ず仲間の存在があります。

 ここで私の人生模様をお話します。幼少の時から少しオッチョコチョイな個性をもっていた様です。このオッチョコチョイが成長の過程でプラスになったり、マイナスになったりしています。「オッチョコチョイ」とは落ち着いて考えないで、軽々しく行動するさま、と辞書にあります。プラス面は行動力がありますが、マイナスの面では思慮分別がたりないということです。これは、今だに個性としてあります。これを如何に修正しきるのかが人として生きる能力の中で大切なコントロール能力です。即ち人には、それぞれの個性として長所と短所があるということです。人生での仲間を大切な「宝」とするためには、先ずこのコントロール能力を身につけることです。そこで大切なものがコミュニケーションです。

 ◎コミュニケーションとは何か?

 社会生活を営む人間が互いの意思や感情、思考を伝達し合うこと、と辞書にあります。次にコミュニケーションに必要な能力として@観察力A信頼関係・構築力B傾聴力C質問力D共感力Eリード力F伝達力、等が必須です。

 この7つの言葉について説明をします。

  1. 観察力とは、相手のことを良く知る力。
  2. 信頼関係・構築力とは、誠実に相手と向き合い、お互いに任せ合うことの出来る人間関係をつくる力。
  3. 傾聴力とは、相手の話に耳を傾け、熱心にきくスキルのこと。
  4. 質問力とは、わからないところや疑わしい点について問いただす力。
  5. 共感力とは、人の気持ちを汲んで寄り添うことのできる力。
  6. リード力とは、先に立って導くこと、その能力。
  7. 伝達力とは、こちらの意思が相手に伝わる力でありコミュニケーションの基本
です。以上。

 私は常に大切にしている言葉があります。それは、虚心坦懐(きょしんたんかい)です。この意味は、「何のわだかまりもない素直な心で、物ごとにのぞむこと。またそのさま」と辞書にあります。人間として人として大切なのが素直な心です。自分の心の持ち方の中で、素直な心をもっていないと相手に対して自分の思いが伝わらないことがあります。つまり信頼、信用です。この人を信用していいのかね、という疑問を相手に持たせないことが大切です。私達は素直な心をど真ん中にもって、相身互いの人生を良く生きるために、仲間との人間関係を良く保ち人生の宝として生きるために常にコミュニケーションを大切にして生きていきましょう。

 人生は一人では生きて行けない、常に人がいて仲間がいての人生です。

 おれが俺がの「が」を捨てて、おかげ様の「げ」で生きよ!


続きを見る

バックナンバー