会長兼社長より

HOME > 会長兼社長より > バックナンバー【2018年5月29日】

会長兼社長講義 バックナンバー【2018年5月29日】

当社では、毎月勉強会を行なっており、毎回1つのテーマに沿って会長が講義を行います。
ここでは、その講義内容をご紹介し、当社がどういう会社か少しでも知っていただければ幸いです。

平成30年5月29日

苦労人生 人は育つ、人間力!
 人が生きることの厳しさは何時の時代も同じです。私達の人生には、常にその時代のステージがあります。この事実の中にそれぞれの人生があります。

 人生での完成はない。完成を目指して、飽くなき挑戦をする、これが良く生きるための人生です。そこには、予期しない苦労や困難が待ち受けています。人が良く生きるとは、自分の生き方に確固たる目標を定め、これに向かって強靭な精神力をもち挑戦し続けることです。

 苦労人生とは自分磨きの旅です。どんな人でも、生きるための目標に向かって進む時、色々な困難や障壁にぶち当たります。それを乗り越えてこそ成長という成果が得られます。そこで必要なのが人間力です。

 私は人間力とは、人が生きていくために必要なすべての要素だと思っています。具体的に項目をあげますと次の通りです。

  1. 今をどう生きるか「報恩感謝」
  2. 心の居場所を持っているか、「思いやり」「優しさ」
  3. 当たり前を当たり前に生きる「素直な心」
  4. 努力に勝る天才なし「切磋琢磨」
  5. 言うは易く行うは難し「不言実行」
  6. 挨拶のできる人であれ「心の窓」です。
  7. 変化の中にチャンスあり「飽くなき挑戦」
  8. 仕事が好きで楽しい人「好きこそものの上手なれ」
  9. 約束の守れる人であれ「信頼、信用は人間の基本であり財産」です。
  10. 苦労人生に花は咲く「不撓不屈の精神」そして折れない心「信念」をもて
 「健全なる精神は健全なる身体に宿る」と言います。苦労人生を良く生きることは至難の技です。これが人間が生きるための修行です。

 あるブログに苦労人が持つ魅力的特徴というタイトルで次の様に書きまとめてありました。

  1. 人の心の痛みに寄り添える。
  2. 些細なことに感謝できる。
  3. 人間的に深みがある。
  4. 少々のことでは動じない。
  5. 明るく笑顔が多い。   以上
 私は、87年の生涯をまさに苦労人生、人は生きるを体験しながら今日がありますが、この時代程不透明で先のみえない時代は初めてです。これからが人生の正念場です。苦労人生当たり前を胸に刻んで生涯現役を貫徹することを強く念じて生き抜く所存です。

 毎日が人生勉強の場です。

一歩深く、一歩高く

生きる知恵を磨きましょう!

共に良き人生であるために、力を合わせて頑張りましょう!

※人生は花畑

自分の花を咲かせよう。

続きを見る

バックナンバー