会長兼社長より

HOME > 会長兼社長より > バックナンバー【2017年9月26日】

会長兼社長講義 バックナンバー【2017年9月26日】

当社では、毎月勉強会を行なっており、毎回1つのテーマに沿って会長が講義を行います。
ここでは、その講義内容をご紹介し、当社がどういう会社か少しでも知っていただければ幸いです。

平成29年9月26日

悔し涙は成長へのステップ!
 人は成長の過程において多くの失敗や敗北や、躓き、挫折等四苦八苦を繰り返しながらの人生です。私も87年の人生の中で多くの四苦八苦を体験しながらの人生です。そしてしばしばの悔し涙を流しました。過日ゴルフの松山英樹選手が全米プロオープン選手権大会で6年ぶりの悔し涙を流しました。ネットニュースに「すべての運命を狂わせた11番の第2打」とありました。私はこのプレーをテレビ観戦していました。フェアウェイからの第2打をグリーン右に外し、ボールはラフに沈んだ。その第2打が松山選手の心を大きく乱した。結果は、「ボギー」そして最終5位で終わりました。最終日一時首位に立っていただけにその悔しさ、無念は計り知れない、と思います。

 彼はプレー終了後「自分が不甲斐ない」といって大粒の涙を流して泣いたと報じていました。人生において悲喜交々(こもごも)は生き方の中でしばしば起きる当たり前ですが、私は人間が成長するステップの中でこの悔し涙こそが大いなるエネルギー、活力の基になると信じています。私は、この 悔し涙こそ「心の栄養剤」と思っています。今一つの栄養剤は人生の「さしすせそ」です。即ち、 悔し涙は成長へのステップです。人生を共に良く生きるは、まさに「人生は
」です。そこには美しく幸せの大輪の花が咲き開くと私は信じてやみません。

共に良き人生を!

続きを見る

バックナンバー