会長兼社長より

HOME > 会長兼社長より > バックナンバー【2017年5月25日】

会長兼社長講義 バックナンバー【2017年5月25日】

当社では、毎月勉強会を行なっており、毎回1つのテーマに沿って会長が講義を行います。
ここでは、その講義内容をご紹介し、当社がどういう会社か少しでも知っていただければ幸いです。

平成29年5月25日

良く生きる人は、学び上手です!
 私が人生での「学び」の大切さを知ったのは34才の時地獄落ちして人生につまづいた時からです。人間として人として一番大切なものが何かを強く教えられました。先ず第一に感じたことは、自分自身に「素直」であれということです。この第一のテーマこそ人間が再生再起するために一番大切な事柄であることを事後の生き方の中でしっかり教えられ、我れと我が身にムチ打ちながら今日があります。それが、毎日実施している「一日一言」です。人間は常に「生きるテーマ」を持ち続けることが大切です。それは「何」「何ぜ」「何のために」という具体的な目標を持つことから始まります。人生とは何ぞやにおいて自分に対して悔いのない人生を生き抜くことにつきると思います。そこで大切なことは、人間一人では生きていけないという原則の中に、世の為、人の為という大前提があります。

 これを如何にして共に「享受」するかに最大の目標即ちテーマがあります。そのためには、先ず自分自身が社会人としての「人間力」をもつかが大切です。人間力とは「相手の心を動かす能力」といわれています。では相手の心を動かすとは何か、について考えてみましょう。人が心を動かす時その人の心に何をかんじたかに始まり、相手の思いをどう受け留め判断するのかに移ります。つまり感受性の中から感情が生まれ、ここから心が動きだします。

 ここで大切なことは、自分の正直な気持ちをドンドン相手にさらけ出す、つまりオープンマインド(自分の考えに固執せず、他人の思想にも心を開く)あけっぴろげでバリアフリーであることが大切です。

 ここから人と人との一体感や共感が生まれ共に良く生きるための道が開けるのではないでしょうか?

 学び上手はここから始まります。

 オープンマインドでバリアフリーになれる人は先ず聞き上手です。



続きを見る

バックナンバー