会長兼社長より

HOME > 会長兼社長より > バックナンバー【2013年1月31日】

会長兼社長講義 バックナンバー【2013年1月31日】

当社では、毎月勉強会を行なっており、毎回1つのテーマに沿って会長が講義を行います。
ここでは、その講義内容をご紹介し、当社がどういう会社か少しでも知っていただければ幸いです。

平成25年1月31日

人生にビジョンあり、仕事に誇りと信念をもって生きる
 夢のない人生は人にあらず、と私は思っています。人間はこの世に生を受け、生長する過程において、それぞれその人の持つ器量の中で「夢」をもって生きていきます。その「夢」が具体的な目標となるために、切磋琢磨して努力するものです。私の子供の頃は、昭和の初期で、支那事変、大東亜戦争、等軍国主義の世の中で、もっぱら戦争を中心とした国家態勢における環境であったために軍人になることが一番の夢であったと思います。1945年(昭和20年)8月の敗戦により私の人生観は一変しました。戦後の中学生時代(旧制)は生物学の先生になることを夢見て島根農林専門学校(現在は島根大学農学部)に入学しました。その後父の事業(材木業)を継承しなくてはならないことになり、日大農学部林学科に転学し卒業と同時に父の会社に入社し事業の継承のために私なりの努力をしましたが、残念ながら私の力不足の為に倒産という最も厳しい現実を体験することになり、人生のどん底を生きることになりました。

 あらためてこの貴重な体験に対して深く感謝しています。目から鱗(うろこ)が落ちるということわざがありますが、まさにその通りです。私の過去の人生観の甘さが全て結果をもたらしたということであります。

 「人生にビジョンあり、仕事に誇りと信念をもって生きる」即ち人間が生き抜くために最も大切な基本をもっていなかったという、おろか者であったことを今更ながら恥入っています。改めて人生の基本にふれて見たいと思っています。

 私は現在、株式会社セイコー木材のオーナーとして何をなすべきかの中で常に「夢」ビジョンを持ち、更に理念をベースとして企業のあるべき方向性を求め、常に時代の変化に即応できる具体的な戦略をもって、その実行に向けて毎日を皆さんと共に生きています。

 人間は強く生きるために、先ず必要な要件として自己の成長と確立があります。その切口に仕事があります。仕事は人が生きていくために必要不可欠の当たり前であります。そこで大切なことは、仕事にやりがいを持つか持たないかで、その人の人生が変わってしまうということです。

 仕事にやりがいを持つためには、先ず自分のやっている仕事が天職であり「好き」である、という自己認識が大切です。「好きこそものの上手なれ」という言葉があります。好きでやっている仕事には、やりがいを感じます。やりがいを感じれば、仕事に対して充実感を起こし喜びをもたらし、力を湧き立たせてくれます。またやりがいを持つことで自己成長に促進的な働きをもたらし、自分の自信となって仕事への取り組みが楽しいものになります。

 昨年12月ノーベル賞を授賞された山中伸弥先生は、iPS細胞の研究に対し、原点に立ち返って再出発しなければいけない、これからが本当に大変です、と誠に謙虚な言葉で授賞の喜びを挨拶されていました。先生はiPS細胞が再生医療の資源や創薬のツールとして今後の医療に大きな期待がもてることに強い意欲と信念をもって取組んでおられます。誇りと信念を持つは、まさにこの事実であります。人生は常に前に向かって進まなければいけない。そこで大切な事は、自分を信じる勇気をもつということであります。自分を信じることが出来れば自から前に進む勇気が湧きでてきます。

 多くの有名なアスリートたちは、皆さん同様な理念として自己の確立と挑戦をモットーに、あらゆるリスクを恐れずに後悔しないため毎日を頑張っているのが現実であります。

 私たちは夢のある人生に挑戦し続けることで、仕事に誇りを持つことが出来る。これを実現するためには、自信を信念へと昇華することが大切です。人材教育コンサルタントの青木仁志さんは、「自信のつくり方」という本の中で次の様に書いています。即ち、小さな達成をコツコツと積み上げて作り上げた自信は、やがて信念へと昇華していきます。信念とは、自分自身に対する確かな思い。あなたの人生を成功へと導く灯台のようなものです。私は必ずやる。私には成し遂げる力がある。信念という漢字は、「人の言う、今の心」と書きます。「できる」という信念をもつことが出来れば「一生折れない自信」を手に入れたと言えるでしょう。そのためにも、今、自分のできることを確実に実行していきましょう、とあります。

 決してあきらめないで頑張れば、いつか人生は吉となる。仕事にやりがいと誇りをもって、強力な信念のもとに21世紀の人生を生き抜いていきましょう。

 幸福とは、健康で仕事をもって働けることです。



続きを見る

バックナンバー